名古屋ではちみつを生産直売、蜂産品・ミツバチ・養蜂器具の販売もしております!!  


HOME | shop | 養蜂博物館

養蜂博物館は平成8年8月8日(1996年)に開かれました。
8が3つでミツバチ(ハチミツ)とこだわり、ミツバチへの強い思いを持って船出をしました。
今でこそミツバチが農業にとってなくてはならない重要な昆虫であることが認められるようになりましたが、当時は残念ながら理解して頂けることは少なかったのです。ハチミツやローヤルゼリー、プロポリス、ミツバチ花粉など、健康に役立つものばかり生み出してくれるミツバチのことを、お伝えしようと博物館を始めましたが、なかなか思うようにはいきませんでした。
マスコミに世界中でミツバチがいなくなっていると取り上げられ、やっとその役割に気付いていただけるようになりました。日本に於けるミツバチ生産物の価値は約72億円、受粉の価値はその50倍、3453億円と試算(1997年)されておりますが自然界への貢献度は計り知れないものがあります。
 
1985年(昭和60)名古屋市で第30回国際養蜂会議が開催され、沢山のミツバチ資料が集まり関心を呼びました。世界の出展者と物々交換をするなどして収集したものから購入したものまで、世界中のミツバチ雑貨や養蜂器具など養蜂に関するもろもろの物を展示し、それぞれの国の文化に触れることが出来ます。養蜂家でも知らない、ましてや一般の方には無縁と思われがちな世界も、意外と身近に感じて頂けるのではと思います。皆様のご来館を心よりお待ちいたしております。


 
 
 

下記日程にて開館を予定しておりましたが、新型コロナウイルス感染拡大の終息がみられないため、誠に残念ですが本年度は全日程中止とさせて頂きます。
開館日:5月31日(日)
6月6日(土)・14日(日)・21日(日)・28日(日)
7月4日(土)・12日(日)・19日(日)・26日(日)
8月1日(土)・22日(土)・30日(日) 
要予約
 
開館時間:午前10時〜午後4時(12時から13時休憩、3時までの入館)

  • ミツバチ見学:10時30分頃と14時00分頃
  • 蜜しぼり体験:11時00分頃と14時30分頃

 
※ミツバチ見学の際はミツバチに刺されないようにするため、長ズボン・長袖のシャツをご用意ください。
(雨天中止・天候がすぐれず蜂が荒れている場合はミツバチ見学を中止する事もあります。蜜しぼりのできない時期はシートキャンドル作り)
 
入館料:無料
見学・体験:大人1000円(高校生以上、お土産付き)
      子供 400円(3歳以上)
所在地:愛知県瀬戸市上品野町1665 みつばち平TEL&FAX:0561-41-3833

 
※カーナビでご来館いただく際は名鉄バスの上品野バス停(品野IC方面からお越しの場合、右側に見えます)よりお入りください。
片草町、土岐ルートは迷われる方が多数です。
ご予約はホームページ内 CONTACT 及び

TEL052-792-1183 FAX052-792-2025 
EMAIL: info@8keninoue.com へご連絡ください。

 
 
 


12345